富士急の遊園地へは名古屋発の高速バスが便利

  • 多くの都市を結んでいる高速バスに乗ってみましょう

    • 東京〜大阪・東京〜名古屋といった日本の主要都市を結んでいる高速バスは多くの車両タイプが導入されており、価格帯も低価格から新幹線と同等の高価格帯に設定されていてバラエティ豊富です。
      高速バスに乗るにはまずバスチケットの手配が必要ですが、バスターミナルの窓口・バス降車時に支払うといった方法以外には、インターネットの旅行サイトやバス会社のチケット予約サイトでもクレジットカードで購入可能なので、忙しい人はインターネット経由で買うのがおすすめです。
      一部サイトでは座席指定ができる事もあるので、自分の好きな座席をチョイスすると旅が楽しくなります。

      白浜の温泉のことなら、こちらをご参考にしてください。

      高速バスの車両は年々進化しており、スタンダードな4列シート以外にはハイデッカー(高床タイプ)の独立3列シート・2階建て車両・通路を挟んで1席のみが配列されているプレミアムシートが設置されているタイプもあるので、長距離を移動する場合は疲労軽減のために独立シートを予約しておくのがおススメです。



      高速バスの長距離便は、10時間を超える長丁場となるので体を疲れさせないための工夫が大切となっており、車内で快適に過ごせるように旅行グッズを持参しておくと良いでしょう。

      夜行便に乗車する際は耳栓・アイマスク・スリッパ等を持参し、車内でのむくみ防止のために脚を守るソックスや飲料を持参してエコノミークラス症候群を防いでください。



      日中便は2〜3時間おきに休憩を取りますが、その際のトイレでの用足しやストレッチは欠かさずに行いましょう。


top